チンアナゴは恋愛修行中

恋愛は恋愛について知っていればもっと上手くいく!女子の心理を女子目線から徹底解説

第7回恋愛修行中 ~立派に働く30代~

どうも、チンアナゴです。
第2回から第6回の内容(細かいことを言って申し訳ない)を総合して今思うこと。

竜太郎と順之助、1年のうちに立て続けに2人の男性とこのようなことが起こり、私はどうにもやるせなくなった。
3回目のデートで告白すれば絶対成功すると思っていた竜太郎。
そこまで好きでもないのに告白してしまった順之助。
状況は違えど、根本は2人とも同じである。
要は「告白が凄い適当すぎ、しかもそれで上手くいくと思っている」

竜太郎も順之助も、立派に働く30代の社会人だ。
2人とも優秀な大学を卒業しており、片方は大企業、もう片方は士業である。
私なんかより全然頭もいいし、立派な仕事をしているのだ。
それなのに、恋愛のことになるととたんに全然ダメダメになってしまう。
私は思った。
『勉強も仕事もすごくできるのに、恋愛に関しては中学生レベル』
このような人、まだまだ世の中に大勢いるのだろうと。
現在、結婚したいのにできない男女がたくさんいるといわれている。
その原因はこんなところにもあるんじゃないか?

もちろん、私もこのことで世の中の人間みんなこんなんだ、と思うようになったわけではない。
たまたま短期間に2回続いただけであり、こんなことにはならない人もたくさんいるとわかっている。
だけどいるのだ。
実際に2名と接してはっきりした。

もったいないと思うのだ。
本人に魅力がないとか、モテる要素が全くないとかの話ではない。
ただ単にわかっていないだけなのだ。
恋愛にも最低限知っておいたほうがいい知識のようなものがあるということを。
できないのではない。知らないだけだ。
そして知らないがために告白して玉砕。
こんなことをしてしまう人が少しでも少なくなっていってほしい。
だから私はあるものを行うことにする。

次回〝あるもの〟発表