チンアナゴは恋愛修行中

恋愛は恋愛について知っていればもっと上手くいく!女子の心理を女子目線から徹底解説

第10回恋愛修行中 ~チンアナゴ式恋愛塾 [第1講]合コンに行くのならこれを読んでください②~

どうも、チンアナゴです。
合コンで知り合った人と何回かデートを重ねた後に告白する場合、〝告白前のデートの回数は無意味〟という話のつづき(本題)。

何回か会っているうちに、相手のほうはもう「この人とは付き合えないな」と決まってしまうことがあります。
でも連絡を無視したり「もう会うのやめにしたいんだけど」とか言ったりできない人がいます
これは特に相手が優しい性格だった場合、もしくは共通の知人を介して知り合った場合に起こりえるかもしれませんね。
要は、付き合えないからといって邪険にはできない事情がある、ということです。
で、そうなったとき相手は次のように考えることがあります。

〝たぶんそろそろ告白してくるかもしれない、だからそれを機会にお断りして縁を切ろう〟

はい。だから、デートの誘いに応じてくれていることは告白が成功するかどうかにおいて何の意味も持たないんです。

付き合わないのは決定だけど自分から唐突に縁を切るのは気が引ける、だけど告白してくれれば堂々とお断りできる・・・う~ん、やってるほうも自分勝手ですけどね。
相手を手のひらで転がしているんですから。

それからこのケースだとその方は相手を邪険にできないわけですから、告白されるまでは演技で楽しそうにしている場合も多いかもしれません。
そうなるとますます相手を勘違いさせやすくしてしまいます。
・・・でもまあ、実はあまり問題ないんですけどね。本当に楽しいのか演技で楽しそうにしてるのかなんてわかるんですから。
以前書いたように、好きな人と一緒にいるとどうしても態度に出てしまうんです。好意を気づかれないようにするほうが難しいんです。
絶対に目の輝き、会話の中に見え隠れする好意、明らかに違います。
だからうわべだけなのか本当に好きなのかはわかるはずです。

だからこそ、告白は絶対に大丈夫という状況になってからするべきなんです。

結局はここに行き着くんです。

「何回か会ってくれてるし、いつも楽しそうにしてるし、これなら大丈夫だ」程度じゃだめです。
「ああもうお互い好きなのばればれ、完全丸わかり」これくらいになってからです。

絶対に大丈夫という状況って本当にわかるの?とお思いの方のために言っておきます。
わかります。絶対にわかります。
その状況になったことがないと想像できないかもしれませんが、〝その2人にしかわからない何か〟のようなものがあるんです。
それはお互い口には出していないんですよ。でもわかるんです。
勘違いはまずありません。なればわかります。

次回、もう1つ大事なこと