チンアナゴは恋愛修行中

恋愛は恋愛について知っていればもっと上手くいく!女子の心理を女子目線から徹底解説

第15回恋愛修行中 ~チンアナゴ式恋愛塾 [第1講]合コンに行くのならこれを読んでください⑦~

どうも、チンアナゴです。

今回は告白のタイミングについて。
絶対に大丈夫という状況に持ち込んでからどれくらいで告白するのが良いかという話です。

同じ組織にいる人との場合だと、お互い両思いだとわかっているけれどあえてしばらくその先には進まずにじれったい感じを楽しむ、という選択肢もある(これについては別の機会に書きます)のですが・・・合コンではそのようなことはしないで早めに告白したほうが良いと思います。
でもあまりに即、というわけではなく、絶対に大丈夫という状況が勘違いではないことを確かめるためにも、少しは様子を見たほうが良いかもしれません。
ええい、じゃあどれくらいなんだ、という感じですよね。
そこで、あるセオリーが出てきます。
何かわかりますか?
それは『3回目のデートで告白すると成功する』です。
なんと・・・これまで私の過去記事からずっと読んでくださっている方はご存じと思いますが、私はことあるごとにこのセオリーをこきおろしてきました
それがここに来てまさかの正論としての登場です。
いえ、違うんですよ、なにも急に気が変わったわけではありません。
ちゃんと論理がありますので、以下解説します。

まずこの『3回目のデートで告白すると成功する』というこの文をもう一度よく見てください。
そして『3回目』の部分に着目してください。
するとこれ、『3回目』というのがいつから『3回目』なのかがはっきりしていません。
ですが、一般的に解されているものは「合コンで初めて会った日は含めずに、その後2人でデートをした最初の日を1回目として数える」というものだと思われます。
で、その解釈の場合、私は全否定します。
「1回目はとりあえず会ってみて恋愛対象になるか考えてー、2回目でもっと内面を見てー、3回目で告白しよう。相手も3回も会ってくれてるんだからきっと大丈夫だ!」いや大丈夫じゃないですって・・・。
※なぜ大丈夫じゃないのかはもうおわかりですよね?これまでの「チンアナゴ式恋愛塾[第1講]合コンに行くのならこれを読んでください①~⑥」の中でさんざん書いていますのでもう書きません。

それで、冒頭でも言いましたが、合コンの場合は絶対に大丈夫という状況になったのなら、そこからはあまり時間をかけずに告白したほうが良いと思います。
ただしあまりに即、というわけではなく、おおよそ下記のように回数を追うのが良いと思います。

相手の反応がよくなってきたことに気づき、「あっ両思いかも・・・?」というようになんとなく勘付いた日を1回目。
次のデートでそれが勘違いではないことを確認するためにもう一度会ってみる。それが2回目。
その次のデートで絶対に大丈夫という確信を持てていればその3回目で告白。

もしかして勘違いなのに早まって告白してしまうということを避けるためにもこれくらいは時間をかけて様子を見たほうがいいと思いますし、逆にこれ以上告白を引き延ばしても〝いつ告白してくれるの?〟という感じになりそうな気がします。
なのでこのように3回目で告白するくらいが1番ちょうど良いと思います。

で、これが本当の『3回目のデートで告白すると成功する』です。
『3回目』を〝出会った日から3回目〟ではなく〝両思いになったかもしれないと勘付いた日から3回目〟と解するのです。
この解釈であれば、『3回目のデートで告白すると成功する』もあながち間違いではないと思います。

・・・ただし、もちろん絶対に3回目に告白するのが良い、というわけではありません。
人によって状況もいろいろですから。
〝今じゃない気がするけど3回目だから告白しなきゃ〟などは最もやってはいけないことの1つです。
ご自身が状況から見てまだ告白するまでに達していないと思うのであれば無理にしてはいけません。
〝今だ〟と思えるときが来たらそのときに告白するのが1番正しいです。

今回の話はあくまでおおよその一般論として見てください。

次回、いつまでたっても絶対に大丈夫という状況にならない場合は?