チンアナゴは恋愛修行中

恋愛は恋愛について知っていればもっと上手くいく!女子の心理を女子目線から徹底解説

第17回恋愛修行中 ~チンアナゴ式恋愛塾 [第1講]合コンに行くのならこれを読んでください⑨~

どうも、チンアナゴです。

当恋愛塾では告白は絶対に大丈夫という状況になってからしてくださいということをお伝えしておりますが、前回から、いつまでたっても絶対に大丈夫という状況にならない場合はどうするか、という話をしております。
では、つづきです。
※今回、「絶対に大丈夫という状況にはなっていないけれど実は相手もあなたを好きだった」というケースは無しで考えていきます。「現時点で相手はあなたを好きではない」という前提でお読みください。

前回、4つの選択肢が出ました。
1.相手は自分を好きではないとわかっているけれど一応告白する
2.告白はしないで自分から諦め、連絡をとらないようにして自然消滅に持って行く
3.「もう会うのやめにしよう」と言う
4.告白せず、関係を終わらせることもせず、今の関係を続けていき、絶対に大丈夫という状況になるまで待つ

それではこれから1つずつ見ていきます。

まずは1つ目、相手は自分を好きではないとわかっているけれど一応告白するから。

告白するんですね。
まず、この状況で告白する場合には2つのパターンがあります。
1つは、「ふられるとわかっているけれど一応告白し、ふられて終わる」というパターン、もう1つは「現時点では相手は自分を好きではないとわかっているけれど、最後の望みをかけて告白の方法・演出等で1発逆転をねらう」というパターンです。

で、「ふられるとわかっているけれど一応告白する」ほうですが、こちらは予想通りほぼ100%ふられるでしょう(すでに前段落で「ふられて終わる」と書いてしまっていますが・・・)。
好きじゃない人からただ普通に「好きです付き合ってください」とか言われて「うんいいよ」などと言う人はおそらくいません。
よほど恋人に飢えていて「誰でもいいから付き合いたい」という思考の方であればいるかもしれませんが、そんなものを付き合うとはいいません。
なので、これはまず間違いなくふられる方法です。

ただ、ご自身の考えのもと、納得の上でその方法を選択するのでしたらもちろんそれで良いのです。
例えば『相手のことは完全に諦め、ふられる心の準備もでき、最後に気持ちだけ伝えて終わりにしたい』という心境になった場合等です。
恋愛に「こうするのが正しい」などということはありません。
ご自身で考え、1番納得できる方法を選択するのが1番です。

1番なんですけど・・・ただし、それは「いろいろな選択肢がある」ということを知った上で選択してほしいのです。

ただ普通に告白するだけが告白の方法ではありません。
で、この方法は、ほぼ100%ふられます。
間違っても『たぶんダメだろうけど、1%でも可能性があるなら告白する価値はある』などという思考でこの方法をやってはいけません。

そのように考えているのであれば、もっと違う方法があります。
それが2つめのパターンの「現時点では相手は自分を好きではないとわかっているけれど、最後の望みをかけて告白の方法・演出等で1発逆転をねらう」という方法です。

次回、1発逆転をねらう場合の告白